症状

坐骨神経痛という言葉を聞いてみなさんはどのような症状を想像しますか?
神経痛というぐらいなので、まっさきに「痛み」という症状が浮かぶと思いますが、他にも様々な症状が現れるのが坐骨神経数です。
症状の重度化・長期化を防ぐためにも、色々な症状を確認しておきましょう。

坐骨神経に感じる痛み

坐骨神経痛とは坐骨神経に感じる痛みであることはお伝えしましたが、そもそも坐骨神経が何なのか分からなければ初期症状を見逃してしまうかもしれません。

坐骨神経とは

人間の体には多数の神経がありまして、体を動かす、脳に情報を伝えるなどのために不可欠な細胞です。

脳から出された信号が神経を通って筋肉に伝わることで、体を動かすことができ、物に触れた感触や、痛みなどは神経により脳に伝達されます。

坐骨神経とは、その神経の一つであり、抹消神経に含まれます。

神経の分類

神経は役割などにより分類されておりまして、脳や脊髄からなる中枢神経と、体の末端まで通っている末梢神経に分けられます。

坐骨神経は抹消神経に分類されまして、腰から脚にかけて通っている神経です。

腰から足のつま先にかけての症状

坐骨神経は、腰から太股にある後大腿皮神経、膝部分の総腓骨神経、ふくらはぎにある脛骨神経などの大きな神経と、足底神経などの小さな神経から成り立っております。
その為、腰から足のつま先にかけてという広い範囲にて症状が現れます。

坐骨神経は主に脚の背部を通っており、症状は神経に沿うように出るので、腰、お尻、ふとももの裏、膝、ふくらはぎ、かかとなどに顕著に現れます。

坐骨神経痛の様々な症状

坐骨神経痛は人それぞれに症状が違い、症状の現れる範囲も広いことから、発見が遅れることがあります。

主な症状は、痛みとしびれですが、弱い痛みから強い痛みまであり、しびれもの症状も様々です。
また、他にも注意しなければ気付かないような症状もあるので注意が必要です。

坐骨神経痛の疑いのある症状

腰から脚にかけて痛みやしびれがあると、坐骨神経痛の疑いがあります。

特に慢性的な腰痛で、椅子に座っているなど本来楽な姿勢でも腰が痛くなる場合や、お尻、太股、ふくらはぎ、かかとなどの、脚の背面部分に痛みやしびれを感じる場合、脚の裏の強い痛み、また、便秘や排尿に関する障害(頻尿、尿失禁、尿が出づらい)などは危険度が高いといえます。

他には、脚を動かすとつっぱるような感じがする。脚のむくみ、冷えがある。動いていなくとも脚がだるい。下半身に力が入らないなどまで考えられます。

悪化する症状

坐骨神経痛の疑いがあり治療などをしない場合は、普段と変わらない生活を送っているだけでも症状が悪化してしまう可能性があります。

歩く、座るなどの普段通りの動作を行うことで痛みを感じるため、その痛みを避けるような動きをしてしまい、脚や腰に負担をかけてしまい症状が悪化するという悪循環に陥ってしまうのです。

症状を見逃さずに早めに病院へ

坐骨神経痛の原因はのちのちご紹介しますが様々な疾患によります。

最悪の場合は下半身の麻痺という可能性まで考えられますので、打撲、筋肉痛などの原因が無いのに痛みが何日も続く場合や、長時間のしびれなどを感じる場合は、医療機関にて診察を受けるようにしましょう。

脚の痛みやしびれは内蔵疾患や、脳疾患なども考えられますが、初期の痛み・しびれの場合は、整形外科が坐骨神経痛の専門科になりますので、整形外科の診察を受けるようにしましょう。

坐骨神経痛の基礎知識について、さらに詳しく読みたい