原因

坐骨神経痛は症状名であり、原因となる疾患は複数あります。
しかし、根本的な原因は坐骨神経が何らかの刺激を受けることであり、痛みやしびれなどの症状が現れるのは坐骨神経になんらかの障害が発生しているサインでもあるのです。

坐骨神経の受ける障害

症状のページでも軽く説明いたしましたが、坐骨神経に生じる障害などに関して、詳しくご説明いたします。

脊髄から伸びる坐骨神経

脊髄とは背骨を構成する椎骨に守られた脳に信号を送るための神経と同等の器官です。

脊髄に損傷を受けると体の一部が麻痺してしまうということは、みなさん聞いたことがあると思いますが、損傷を受ける場所により、麻痺してしまう体の部位が決まります。

坐骨神経痛が重度化した場合に下半身が麻痺してしまう可能性があるのは、坐骨神経が繋がっている脊髄の位置によるからです。

下半身を制御する坐骨神経

脊髄からは体全体に神経が伸びており、体の部位により上から頸椎、胸椎、腰椎、仙椎と分かれております。

坐骨神経は腰椎の第4,5神経(L4,L5)と、仙椎の第1から第3神経(S1,S2,S3)から伸びておりまして、最も上にある腰椎第4(L4)が損傷を受けた場合には、股関節、膝、足首、排尿や排便に用いられる機能の全てが麻痺してしまう可能性が高くなるのです。

脊椎神経根の圧迫が原因

脊椎から伸びる坐骨神経ですが、脊椎から末端まで伸びる神経が繋がっている部分を神経根といいまして、坐骨神経痛では神経根が圧迫を受けることで症状が出ることが多いようです。

妊娠時に坐骨神経痛

妊娠してお腹が大きくなると、普通に生活しているだけでも腰に負担がかかります。

また、子宮により坐骨神経が圧迫されるという可能性もあり、妊娠中に坐骨神経痛を発症する人は多いようです。

坐骨神経痛の原因となる疾患

坐骨神経痛が発症する原因として、他の疾患により坐骨神経が圧迫されることが多いようです。
坐骨神経痛が発症する可能性のある疾患をご紹介します。

椎間板ヘルニア(ついかんばんへるにあ)

急性のものは「ぎっくり腰」とも呼ばれますが、椎骨の間にある椎間板により神経が圧迫され、腰に強い痛みが出ます。

梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)

お尻の奥にある梨状筋により、坐骨神経が圧迫を受けることで、下肢に痛みやしびれが生じる疾患。

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)

脊髄は椎骨の中を通っており、脊髄が通る空間は脊柱管と呼ばれます。
加齢などにより脊柱管が狭くなり、神経が圧迫される疾患を脊柱管狭窄症といいます。

腰椎すべり症/腰椎分離

背骨の腰部分にあたる腰椎骨は人体構造上、下にある腰椎骨が前に傾いており(弓状の下部分)、腰椎骨がずれることにより神経が圧迫され痛みやしびれが出る疾患を腰椎すべり症といいます。

椎骨は椎体と椎弓という骨にて構成されており、疲労骨折などにより椎体と椎弓が離れてしまう疾患を腰椎分離といいます。

腰椎分離により腰椎すべり症を発症する可能性が高くなります。

腫瘍

良性、悪性に関わらず、脊髄自体やその周り、また骨盤などに腫瘍ができることにより、神経が圧迫され坐骨神経痛の症状が現れる可能性も考えられます。

ストレス、カルシウム不足が原因?

神経には、意識して体を動かす運動神経と、情報を脳に送るための感覚神経の他に、意識せずに自動で働いている自律神経があります。

坐骨神経はこの全ての神経から成り立っておりまして、ストレスが影響を及ぼすのは主に自律神経になります。

自律神経に影響を及ぼすストレス

自律神経には交感神経と副交感神経があり、交感神経は活発に動いたり、緊張状態が続いた場合に機能し、リラックスしている状態(就寝時など)には副交感神経が働きます。

この二つの状態がバランスよく働くことにより、人間は正常な状態を保つことができるのです。

ストレスを感じると、交感神経が優位な状態になり、その状態が長期間続くと、血流の流れなどが悪くなり、筋肉も緊張状態が続いてしまい、神経が圧迫され、頭痛、肩こり、また坐骨神経痛などの症状が出ることが考えられます。

坐骨神経痛によるストレスで症状悪化!

痛み、しびれ、思い通りに脚を動かすことができないなどの症状が現れる坐骨神経痛は、かなりのストレスとなります。

慢性的なストレスは、上記で紹介したように坐骨神経痛が悪化する危険性があるのです。

坐骨神経痛が年々悪化してしまうのには、ストレスによる症状悪化という悪循環の可能性も考えられるのです。

カルシウム不足で坐骨神経痛

骨を形成する為に必要な栄養素がカルシウムです。
目に見える皮膚と同様に骨も新陳代謝により、新しい骨が作られており、新しい骨を作るのに必要なのがカルシウムなのです。

カルシウムが不足すると骨が弱くなってしまい、それを補うために筋肉が活発に動き(緊張・伸縮)、周りの神経を圧迫してしまうのです。

ストレスとカルシウム

「カルシウム不足は怒りっぽい」ということを聞いたことがあると思いますが、怒ったり、イライラした場合には、血中のカルシウムが不足してしまいます。

不足した血中内のカルシウムは、骨から補充され、結果的に骨のカルシウムが不足がちになってしまうのです。

「カルシウム不足=怒りっぽい」ということではないようですが、ストレスによりカルシウムが不足するということは言えそうですね。

坐骨神経痛の基礎知識について、さらに詳しく読みたい