椎間板ヘルニア

突然腰に激痛が走る「ぎっくり腰」という症状は誰でも知っていると思いますが、ぎっくり腰の多くが急性の椎間板ヘルニアであるということを知っている人は少ないと思います。
若い人の坐骨神経痛の原因として多い椎間板ヘルニアについて確認してみましょう。

椎間板ヘルニアの症状

症状としては、腰や片側の脚に多く見られますが、重度の場合には両足、下半身全てに症状が現れる場合があります。

初期症状では、痛みなどが継続することは少なく、数時間安静にするだけでも症状が治まることがあり、ヘルニアであることを自覚するころには症状が進んでいることも多くあります。

痛み

椎間板ヘルニアの症状として、最も辛いのが痛みです。

酷い場合には身動き一つで、強い痛みを感じることもあり、歩くことはもちろん、くしゃみや咳などをするだけで、腰に痛みを感じることもあります。

腰痛のイメージが強いと思うのですが、圧迫されている神経によっては、脚にも痛みを伴うことがあります。

しびれ

正座した時の足のしびれを真っ先に思い浮かべますが、ビリビリとした感覚の他に、感覚が鈍くなる状態や、力が入りづらくなる状態などもあります。

椎間板ヘルニアにおいては腰が痛くなり、その後お尻の奥から、足の先までのどこかがしびれるということが多いのですが、稀に痛みを伴わずに、しびれが単体で突然現れることもあるようです。

排泄障害

椎間板ヘルニアは腰椎、仙椎にて発症する可能性が高く、その為下半身に症状が現れます。

排泄機能を制御する為の神経が圧迫されることにより、排泄障害が発生する可能性が高くなります。

痛みやしびれに関しましては、安静にしていることで、症状が治まる可能性がありますが、排泄機能に関しましては、日常生活に支障をきたしますので、早急な対処が必要になります。

麻痺

しびれという感覚すらなく、力を入れることが出来なくなる状態にまで陥る可能性があります。

排泄障害と同様に運動機能などに障害が残る可能性が高くなりますので、早急な手術が必要になることが多いようです。

椎間板ヘルニアの原因

背骨が椎骨という骨により構成されていることはお伝えしましたが、椎骨同士の間にありクッションの役割を果たしているのが椎間板です。

椎間板が神経を圧迫

クッションの役割を果たす椎間板は、中心に髄核があり、その周りを繊維輪という組織で形成されております。

髄核は水分を多く含んだゼラチン状で、線維輪に包まれているため漏れることはないのですが、線維輪が傷つくことにより髄核が線維輪から漏れてしまい、神経を圧迫する可能性があります。

また、髄核が漏れない場合でも、線維輪が傷ついた場合に炎症を起こしてしまい、炎症が治る際にできる瘢痕組織(はんこんそしき)の盛り上がりで神経が圧迫されることもあります。

神経根が圧迫される

脊髄から神経は左右対に伸びており、脊髄と神経の繋がる根元を神経根といいます。

椎間板ヘルニアにて、左右片側に症状が出やすいのは、神経根のどちらかが圧迫を受けることで、その圧迫を受けた方の体に症状が現れるからです。

左右の神経根が圧迫されると両足、または下半身に症状が現れますし、脊髄が通る脊柱管内にヘルニアが現れると脊髄が直接圧迫され、下半身のどこか、または全てに症状が現れてしまいます。

腰に症状の出やすい椎間板ヘルニア

腰の病気と思われがちな椎間板ヘルニアですが、椎間板自体は椎骨で構成されている背骨の全ての部分あり、その全ての部分で椎間板ヘルニアが発症する可能性はあります。

背骨の腰部分にあたる腰椎は人体の構造上最も負荷がかかりやすい部分であり、また最も動かす機会の多い箇所でもあります。そのため腰椎に椎間板ヘルニアが発症しやすくなってしまいます。

腰椎以外の椎間板ヘルニア

胸部分の胸椎は内蔵、肋骨などがあり、またそもそも負荷がかかるような動きも少ないことから椎間板ヘルニアが発症することは少ないようです。

首の部分にあたる頸椎では、腰椎ほどではないのですが、椎間板ヘルニアを発症する可能性があり、主に手に症状が現れますが、ひどい場合には首から上を除いた全身に症状が現れる可能性もあります。

椎間板ヘルニアの治療

慢性的な腰の痛みを訴える人は少なくないと思いますが、医療機関に掛かっている人は少ないと思います。

椎間板ヘルニアでは安静にすることが大事になりますので、病院に行き診察を受けることで、自分の腰の状況を確認しておくことをお勧めします。

レントゲンに映らない椎間板

椎間板ヘルニアが疑われる場合は、主に整形外科にて診察を受けます。

診察にあたってまずはレントゲンを撮ると思いますが、椎間板はレントゲンに映らないため、レントゲンを撮っただけで椎間板ヘルニアという診断をくだされることは少ないようです。

MRIでわかる椎間板ヘルニア

MRIにて検査を受けるコトで椎間板はもちろん、圧迫されている神経まで確認することができますので、椎間板ヘルニアの疑いがある場合には、二度手間を省くためにもMRI施設のある病院にて診察を受けるコトをお勧めします。

基本的には安静にしている

以前までは、一度神経を圧迫し始めた椎間板は元に戻らないとされておりましたが、近年ではMRIでの定期観察により、安静にしていることで椎間板が正常に戻る場合や、神経が椎間板による圧迫を避けるなど、症状が改善される可能性が確認されております。

症状が痛みのみ、たまのしびれなどの場合は、しばらく安静にしていることで症状は治まることが多いようです。

手術は最終手段

椎間板ヘルニアにおいては、症状がよっぽど酷い場合以外では、即手術ということにはなりません。

痛みがある場合には鎮痛剤を使い、それでも治まらない場合は神経ブロック療法により、痛みを和らげます。
また、症状悪化を防ぐためにコルセットなどでの固定、急性の椎間板ヘルニアでは牽引により症状の改善が望めます。

基本的には温めることで筋肉の緊張がほぐれるので、腰部分の温熱療法なども効果的なようです。

坐骨神経痛の原因となる疾患について、さらに詳しく読みたい