梨状筋症候群

坐骨神経は背骨の腰椎、仙椎から伸び、骨盤を通り下肢に向かって伸びています。
骨盤にある仙骨と、太股部分の大腿骨を繋ぐ筋肉を梨状筋とよび、梨状筋により坐骨神経が圧迫を受けることで坐骨神経痛の症状が現れる可能性があります。

梨状筋症候群の症状

椎間板ヘルニアのように急激に症状が現れずに、梨状筋症候群ではゆっくりと症状が現れるという特徴があります。

椎間板ヘルニアとの切り分け

痛み、しびれなどの症状を伴うことから、椎間板ヘルニアと独自で判断する人が多く、また椎間板ヘルニアの治療を行っても一向に改善されなく、検査してみたら梨状筋症候群による坐骨神経痛であったということも多いようです。

梨状筋症候群は、梨状筋にて坐骨神経が圧迫されることにより発症するので、腰には痛みなどは生じません。

臀部から広がる痛みとしびれ

痛みとしびれが主な症状になりますが、特に臀部(お尻)の奥からピリピリとした痛みが、慢性的に続くことから症状が現れ始めることが多いようです。

その後、太股、ふくらはぎと、下肢に向かって症状が広がるという傾向があります。

痛みの出やすい姿勢

座った姿勢から立ち上がろうとした場合や、背中を後ろに反らせるような動作をした場合、また、かかとを地につけたままで、足の先だけを外側に回すように股関節から脚全体を動かした場合に痛みを生じやすいとのことです。

梨状筋症候群の原因

本来坐骨神経は梨状筋の下を通っており、梨状筋による坐骨神経の圧迫ということは少ないのですが、スポーツ選手などがランニングなどにより、股関節の屈伸運動が頻繁になされる場合、他のスポーツでも股関節を急激にねじるような動作を行った場合に、梨状筋により坐骨神経が摩擦、圧迫されるために発症することが多いようです。

また、立ち仕事、車の運転などで長時間同じ姿勢をとっている人に多くみられます。

女性に多い疾患であり、女性の方が男性よりも筋肉が弱い、腱鞘炎(腱と骨を繋ぐ腱鞘の間に起こる炎症)を起こしやすいからと考えられております。

坐骨神経と梨状筋の関係

本来坐骨神経は梨状筋の下を通っておりますが、稀に坐骨神経の全てが梨状筋を貫通している場合、坐骨神経が枝分かれし一方が梨状筋を貫通している場合、また、枝分かれした坐骨神経により梨状筋が挟まれている場合があります。

上記の3パターンの場合、梨状筋が緊張することで坐骨神経を圧迫しやすくなってしまい、症状が発症しやすい状態であるといえます。

梨状筋症候群の治療

急性の梨状筋症候群では安静にすることが先決であり、鎮痛剤による痛みの緩和を行い、痛みが酷い時には神経ブロックが用いられます。

また、筋肉の緊張・硬直により痛みが出るので、温熱療法や電気治療、また筋肉の緊張をほぐす筋弛緩剤なども効果があります。

手術を行うことは稀ですが、坐骨神経が梨状筋を貫通している人で、上記の保存療法にて症状の改善がみられない場合には、梨状筋を切断し坐骨神経を正常な位置に戻す場合もあります。

効果的なストレッチ

慢性的な梨状筋症候群の半数以上の人は適切なストレッチを行うことで、症状が解消されます。

整体やカイロプラクティックなどよるマッサージやストレッチが効果的な場合があります。
梨状筋及び大臀筋など臀部周辺の筋肉をほぐすことで症状の緩和が期待できます。

症状、その人の筋肉のつき方により施術法が変わってきますので、整形外科などで梨状筋症候群と診断され、保存療法でも症状が改善されない場合には、整体やカイロプラクティックでの施術を受けてみるのも良いと思います。

坐骨神経痛の原因となる疾患について、さらに詳しく読みたい