脊柱管狭窄症

椎間板ヘルニアと並んで腰痛の原因となる疾患で多いのが脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)です。
高齢者に多い病気でもありまして、少し歩いただけで脚が痛くなったり、しびれたりする人は脊柱管狭窄症の疑いがあります。

脊柱管狭窄症の原因

病名の通り、脊柱管が狭くなることで発症するのが脊柱管狭窄症です。

脊柱管とは

背骨は椎骨で構成されており、椎骨を構成する椎体と椎弓の間に脊髄が通るための管のような空間があり、それを脊柱管といいます。

なぜ脊柱管が狭くなるのか

生まれつき脊柱管が狭いという人もおりますが、成長と共に十分な広さになることが大部分です。

腰椎すべり症、椎間板ヘルニアなどの他の疾患により脊柱管が狭くなる可能性も考えられます。

高齢者に多いのは、加齢による骨の老化で脊柱管が狭くなってしまうことが多いからです。

症状に繋がる原因のタイプ

脊柱管が狭くなることで、圧迫される可能性があるのは脊髄と、脊髄から伸びる神経の根元にあたる神経根になります。

腰椎第2(背骨の腰部分上から二つ目の椎骨)から下の腰椎、仙椎部分の脊髄は馬尾と呼ばれまして、脊髄が圧迫を受けるタイプを馬尾型、神経根が圧迫を受けるタイプを神経根型、脊髄と神経根の両方が圧迫を受けるタイプを混合型と呼ばれます。

脊柱管狭窄症の症状

腰の痛み、脚の痛みやしびれなど、椎間板ヘルニアと似たような症状がありますが、脊柱管狭窄症には特徴的な症状の現れ方があります。

脊柱管狭窄症による間欠跛行(かんけつはこう)

少し歩くと脚に痛みやしびれ、だるさなどを感じ、それ以上歩くことができなくなる場合があります。

しかし、しばらく屈んだり、座ったりすることで痛みやしびれが改善され、また通常通り歩くことができるようになる。そして、またしばらく歩くと痛みなどが出てくる。

上記の歩く、休む、歩く、休む……を繰り返すことを間欠跛行といい、脊柱管狭窄症の代表的な特徴です。

腰を伸ばすと痛みが出る

脊柱管狭窄症は、その原因により腰を前方に軽く曲げた状態(前かがみ)では、痛みやしびれなどの症状が現れないという特徴があります。

これは、背骨の腰部分が腹側に弓状に反っているため、前かがみになると脊柱管に普段よりも空間ができるからです。

逆に言うと、腰を通常通り真っ直ぐにした状態や、反らした際には痛みを感じることが多くなるということです。

何もせずに真っ直ぐ立っているだけでも腰が痛くなってしまう場合や、仰向けで寝ることができなくなる場合もあります。

タイプによる症状の違い

脊柱管狭窄症が圧迫を受ける神経により分類されていることはお伝えしましたが、そのタイプによりある程度症状の現れ方も違ってきます。

症状が片足だけに出る場合は神経根型が多く、両足に同時に症状が出る場合は馬尾タイプが多く、他にも脚の裏がビリビリと痛むなどの症状が出る場合もあるようです。

下腹部や排泄障害がある場合も、馬尾型の場合が多いようです。

脊柱管狭窄症の治療

脊柱管狭窄症の場合、前かがみに歩くことで痛みなどを感じずに、普段通り過ごすことができてしまうという問題があります。

痛みを避けるように常に前かがみでいることは、腰部分に余計な負担がかかってしまい、症状の悪化はもちろん、他の疾患を併発する可能性などもでてきます。

症状悪化などを防ぐためにも適切な治療を受ける必要があります。

症状が軽い場合は保存療法

他の腰痛疾患と同様に、脊柱管狭窄症でも症状が軽い場合には、保存療法で十分な効果を得られることが多くなります。

鎮痛剤や神経ブロックによる痛みの緩和が基本になり、移動時などには腰を反らさなくするようにコルセットで固定するのが効果的です。

症状によっては牽引療法なども行われます。

症状が重い場合には手術が必要な場合も

痛みが酷い場合や、間欠跛行にて歩ける時間が極端に短い場合で保存療法を行っても効果を得られない場合、また排泄障害がある場合は、手術が必要になります。

脊柱管の神経を圧迫する部分の骨を切除する手術が基本となります。

椎骨の背面側にある椎弓を切除する椎弓切除術では、広範囲の圧迫部分を取り去ることができます。しかし、手術後に生活を送ることで椎体がずれてしまう可能性や、ずれないように椎体を固定するためには患者への負担が大きいなどの懸念材料があります。

椎弓の神経を圧迫する部分を全て切除するのではなく、一部を削るようにする開窓術では、広範囲の圧迫を取り去ることは難しいのですが、椎弓も残っているので椎体がずれる可能性などは椎弓切除術よりも少なくなります。

比較的短い入院で済む場合も

現在では、内視鏡を用いた手術も行われており、切開する範囲が狭く済むので、数日間で退院できる場合もあるようです。

脊柱管狭窄症は自然に治るということは無く、時間が経つことで症状が悪化する可能性が高くなりますので、早めに病院にて診察を受けるようにしましょう。

坐骨神経痛の原因となる疾患について、さらに詳しく読みたい