薬・漢方薬

保存療法のページでもご紹介しましたが、坐骨神経痛の治療には薬(内服薬、注射、点滴、座薬など)が用いられ、痛みを止める意外にも様々な効果が得られます。
また、漢方薬も利用されることが多く、続けることで症状改善が期待できます。

坐骨神経痛に効果的な薬

ここでの薬とは漢方薬の除いた、俗に言う西洋薬でありまして、坐骨神経痛の症状を改善するのに効果的な薬をご紹介します。

痛みを抑える薬

最も効果が体感できるのが、痛みを鎮める鎮痛剤です。

痛みの原因を取り去る薬ではないのですが、耐え難い痛みを抑えることができ、薬を服用して安静にすることで、症状が治まることが期待できます。

炎症を抑える薬

神経自体が炎症を起こしていることで圧迫を受け、痛みやしびれなどの症状が出る場合があります。

MRIなどで炎症が確認された場合などに用いられ、抗炎症剤、消炎剤などの他に、痛み止めの効果もある消炎鎮痛剤が多く用いられます。

筋肉の緊張をほぐす薬

筋肉が緊張(張り、凝り、強張り)している場合、通常の状態よりも内臓、骨、神経自体が圧迫される力が強くなります。

また、圧迫により血流も悪くなることもありますので、緊張をほぐすための筋弛緩剤などが効果的です。

血流を良くする薬

神経内、またその周辺の血流が悪い場合、筋肉の緊張が強まったり、冷え、むくみなどが生じます。

血管を広げることで血流が良くなりますので、抹消血管拡張薬が効果的です。

現在最も多く用いられている末梢血管拡張薬としてはプロスタグランディンがあります。

ビタミンやカルシウム

ビタミンB1やB12が足りなくなることで神経障害が発生する可能性が高いということが分かっております。

カルシウムが足りなくなると、骨から血液にカルシウムが抽出されます。
骨のカルシウム分が足りなくなると骨粗しょう症を起こす可能性があり、症状の悪化が懸念されます。

また慢性的なカルシウム不足の場合、筋肉にも影響を及ぼしてしまい、筋肉が硬直しやすくなってしまいます。

バランスの保たれた食事はどんな薬よりも効果的と言われていますが、食事で賄うことが難しい場合には、サプリメントなどにより補助的にビタミンやカルシウムを取得することをお勧めします。

坐骨神経痛を漢方薬で治す

通常の薬と同様に漢方薬も坐骨神経痛の症状を改善するのに効果的な場合があります。

漢方薬は扱っている病院によっては健康保険も適用されまして、神経痛などの病気に対しては良く用いられます。

根本的な原因を排除する漢方薬

漢方薬では鎮痛剤のように、痛みを抑えるということは少なく、「痛みが出ている原因を改善するための手助けをする」という役割が大きくなります。

坐骨神経痛の場合は神経が圧迫されていることが原因となり、筋肉の緊張や血行が悪い、また冷えやむくみなども原因となっていることが多いので、それらを改善する為の漢方薬を使用することが良いとされております。

多く用いられるものとしては、牛車腎気丸、八味地黄丸があり、市販されているものなどもあります。

漢方薬も薬です!

漢方薬には副作用が無いと思っている人が多いと思いますが、天然の成分を使っているとはいえ漢方薬もれっきとした薬です。
効果があるということは、副作用もありえるということです。

漢方薬は症状に合っているものを飲む限りでは、確かに副作用と呼べるようなものは少ないといえますが、症状に合わないものを飲んだ場合には、漢方薬の効果が体に害(副作用)となってしまう場合があります。

専門科による処方

天然成分を組み合わせることにより、人間の本来持つ治癒能力を高める漢方薬ですが、症状、体質に合ったものを選ぶには専門的な知識が必要になります。

「似たような症状の人に効果があったから使ってみよう!」ではなく、病院や漢方薬専門の薬局などにて、正確な症状などを伝えたうえで処方を受けるようにしましょう。

坐骨神経痛の治療と対策について、さらに詳しく読みたい