ストレッチ体操・ツボ

坐骨神経痛の症状を改善するための治療方法として保存療法があることはご紹介しました。
保存療法の他にも痛みなどの症状を和らげる、また予防するためにはストレッチや運動などが良いことが分かっております。

痛みが和らぐメカニズム

坐骨神経痛が痛む原因は坐骨神経や腰椎部分の脊髄が圧迫を受けるからであり、骨や腫瘍などによる圧迫が考えられますが、筋肉により圧迫を受けていることもあり、また骨や腫瘍も筋肉からの圧迫により結果的に神経を圧迫してしまっている場合もあります。

筋肉の緊張、凝りをほぐす

保存療法として筋弛緩剤が使われるように、ストレッチやツボ押しをすることで硬くなっている筋肉をほぐすことができ、神経の圧迫を和らげることが期待できます。

症状悪化の危険性

痛みやしびれなどの症状が現れている場合には、ストレッチなどを行うことで、症状が悪化してしまう危険性があります。

闇雲に行うのではなく、現在の症状を医師と相談し、どのようなストレッチ、体操が症状緩和になるかアドバイスを受けるようにしましょう。

ストレッチ・体操

スポーツや運動を行う前にストレッチをすることで、怪我を防ぐことができます。
なぜストレッチをするだけで怪我を防ぐことができるのかというと、ストレッチには様々なメリットがあるからです。

ストレッチ・体操のメリット

筋肉や関節などを柔らかくし、凝り固まった(緊張した)筋肉をほぐすことができ、それと共に周辺血管の血流が良くなります。

関節や筋肉がしなやかに動くことにより、捻挫などの怪我を防ぐことができるのです。

これらのメリットは坐骨神経痛の症状緩和に最適であり、症状に合わせて行うことで症状再発の予防にもなります。

色々なストレッチ

ストレッチには様々な種類がありまして、体を伸ばした状態で一定時間留める静的ストレッチは、身近なところでは「あくび」の際の行う伸びなどが当てはまります。

体を動かしながら行うストレッチとしては、みなさんも一度は行ったことのあるラジオ体操があり、動的ストレッチと呼ばれます。

他にもリハビリテーションとして用いられる人の手を借りて行うPNFストレッチ法などがあります。

水泳

水泳は水の力を借りて、体への負担を減らした状態で運動することができます。
また、柔らかい筋肉を得ることができますので、坐骨神経痛の予防などにはもってこいのスポートといえます。

筋肉は必要

筋肉により神経が圧迫を受ける可能性があるなら、筋肉がなければ神経の圧迫がなくなるかというと、そういうわけではありません。

筋肉には内臓や骨、神経を守るという役割があり、筋肉が少なくなると、それらを支える力が弱くなってしまいます。

あくまでも筋肉は必要であり、腰痛などに対しては柔らかい筋肉、柔軟性のある筋肉が理想的なのです。

ツボ

ツボは経穴ともよばれ、血液や気の通り道にあり、刺激を加えることで内臓、筋肉、血流などに様々な効果を与えることができます。

主に手や器具を使って押したり、針やお灸を使って刺激を与える方法があり、あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師(はり師、きゅう師)などは国家資格として認定されており、確かな効果が期待できます。

専門的な知識が必要

ツボの位置は全身に670はあるとされておりまして、その全てのツボには意味があります。

闇雲に刺激、また刺激の強さなどにより逆効果になってしまう場合がありますので、一度診療を受けると共に、自宅でもできる安全なツボ押しなどを教わってみてはいかがでしょうか。

生活習慣の改善

全ての病気に言えることでもあるのですが、普段の生活を送る上で健康に気を使っている人は意外と少ないと思います。

考えすぎは良くないと思いますが、少し意識するだけで坐骨神経はもちろん、様々な病気を予防できる体を作れるかもしれません。

意識して体を動かす

学生の場合は体育など授業の一環として体を動かす機会があります。
しかし、社会人になってからは全く体を動かす機会が無いという人は多いと思います。

デスクワークや立ち仕事などで、長時間同じ姿勢をとっている人は特に注意が必要です。
通勤時に脚の動きを意識して歩くようにしたり、仕事の休憩時間などの合間に、軽いストレッチをするだけでも十分な効果を得られます。

長く続けることが大切なので、無理に行うのではなく、日常生活の一部に意識して体を動かすということを続けてみてください。

意識して食べる

バランスが取れた食事を摂るのは意外と難しいことです。
一人暮らしをしている人などは、特に自分の好きな物ばかりを食べてしまうこともあります。

もちろん食べ過ぎが一番体に悪いのですが、同じものばかりを食べるのではなく、野菜や魚など普段食べることが少ないと思われる物を意識して食べるようにしてみてはいかがでしょうか。

和食はもちろん様々な食材を使った料理が沢山ありますし、日本では世界各国の料理を食べることができますので、美味しく楽しく健康になることができます。

また、サプリメントなどで補助的に足りないと思われる栄養素を摂取するのも、自分の食事の内容を見つめ直すのには最適です。

意識することが大事!

「ストレッチや体操」「ツボ」「体を動かす」「バランスの良い食事をする」など上記でご紹介した他にも、睡眠をしっかりとる、半身浴など体に良いとされることは多数あります。

しかし、その全てを完璧に行えるか、絶対に効果が有るかというと、難しいかもしれません。また、それらは2,3日行ったからといって、すぐに効果が現れるようなことではありません。

無理せず続けられることが大切であり、何気ない行動でも意識して行う場合と、意識しない場合には得られる効果は違います。

しかし、意識し過ぎて悩んでしまうのは、ストレスとなり全くの逆効果になりますので、「なんか健康に良さそうだな〜」という軽い気持ちで始めてみるのが一番だと思います。

坐骨神経痛の治療と対策について、さらに詳しく読みたい