骨や関節に炎症、痛みなどが発症した場合、椎間板ヘルニアや変形性関節症などの整形外科が専門とする病気(整形外科疾患)の可能性があります。
骨などに生じた疾患は、さらなる症状として坐骨神経痛などの痛みを生み出すケースも珍しくないそうです。もしかしたら皆さんが感じている痛みは、整形外科疾患の症状では・・・?

  • 関節痛は年齢・運動不足・肥満に注意

    関節痛は年齢・運動不足・肥満に注意

    腰やヒザへの負担は加齢により増していく、それは軟骨の細胞が老化することによる。定期的な運動をしていない人や太り気味の人は要注意。

  • コンドロイチンで関節痛を予防

    コンドロイチンで関節痛を予防

    コラーゲンと一緒に関節の柔軟性を保つために必要なコンドロイチンは、納豆やオクラなどネバネバした食品に多いが、サプリメントを利用するのが手軽。

  • グルコサミンとコンドロイチン

    グルコサミンとコンドロイチン

    コンドロイチンと同様にグルコサミンは関節痛の予防に効果的。うなぎや鶏軟骨、また納豆などのネバネバ系に多い。グルコサミンはコンドロイチンと一緒に摂取するのが良い。

 
 

関節などが痛み始めたら、身体の軟骨が弱くなっているのかも。
弱った関節を健康に保つにはコンドロイチンなどの軟骨成分が痛み緩和などに有効なんだとか。

さらに、坐骨神経痛を起こす整形外科疾患も軟骨成分が関係しているとされているのですが、軟骨って何のことなのでしょう?

骨・関節の悩みは整形外科疾患の始まり

整形外科疾患とは、整形外科において治療が行われる病気のことを言い、骨や脊椎、筋肉、関節、神経などに起こる疾患が整形外科の治療範囲とされています。
広く知られる病気の中には、椎間板ヘルニアや変形性関節症などがあり、またそれらの病気に伴い、坐骨神経痛などの症状が現れるケースがあるそうです。

さて、上記のような疾患はなぜ起こってしまうのでしょう?
整形外科疾患が発症する仕組みを少しご紹介したいと思います。
私たちの体は、高齢になるにつれてカラダ全体や腰・膝を中心とした下半身に負担がかかり、痛みを感じるようになってきます。これは骨や関節、筋肉、軟骨などの老化が原因していると考えられています。
また、筋力低下や加齢だけが原因になるとは限らず、肥満などの体重増加も腰や関節に負担をかける原因となっているんだそうです。

整形外科疾患に繋がる軟骨の老化とは

軟骨とは、コラーゲンや弾力線維などが含有された軟骨細胞と、それを覆う細胞外気質(軟骨基質)によって構成された支持器官を呼びます。軟骨基質はコンドロイチンなどで構成され、軟骨は水分を豊富に含んでいると言われています。
硝子軟骨、弾力性軟骨、線維軟骨の3種類に分かれますが、整形外科疾患において大きく関わっているのは硝子軟骨と言われ、関節や気管などを作るなど一般的に知られる軟骨と言えます。

しかし、軟骨細胞は老化によって酸化ストレスのダメージを大きく受けてしまい、酸化ストレスによる損傷は軟骨を変性させ、変形性関節症などを発症させる原因にもなるそうです。

坐骨神経痛を起こしやすい整形外科疾患

整形外科における疾患は数が多く、椎間板ヘルニアや脊椎間狭窄症、変形性関節症などが該当し、それに伴って生じる症状も多くあるようです。体の基盤ともなる骨などに病気が生じると、痛み(神経痛、関節痛など)や炎症、麻痺、血行障害、最悪の場合では壊死が起こる場合もあり、油断ならない病気ばかりです。

椎間板ヘルニアは、椎骨同士の間に存在する軟骨が変性した疾患で、負担の掛かりやすい腰部に多く発症するそうです。椎間板ヘルニアになると突出した椎間板により脊柱管が狭まって“脊柱管狭窄症”が発症するケースも考えられます。
この脊椎間狭窄症は、年齢による腰椎のズレによっても生じる場合があり、“坐骨神経痛”という痛みを伴うと言われています。坐骨神経痛は、椎間板ヘルニアなどの整形外科疾患に伴う症状とされ、下半身に痛みや痺れを生じさせ、痛みが続くと歩行困難や便秘などになることもあるそうです。

また、整形外科疾患の中でも関節痛による疾患は多いとされ、変形性関節痛などの病名が目立っています。
変形性関節症は関節の軟骨が磨り減ったことで変形・炎症を起こし、痛みを生じます。軟骨の減少というだけでも、身体を上手く動かすことが難しくなっていくのに、状態が進行すると関節が変形・破壊され、歩行障害になるなんてことも・・・。

軟骨の健康にはコンドロイチンが有効

病気により減少した軟骨や骨・関節は、人工関節などを使った外科的治療や内服による内科的治療により回復を目指すのですが、外科的治療はリハビリや長期間の機能回復を要することになり、内科的治療でも軟骨の自然治癒は難しいと言われています。

しかし、軟骨成分として知られているコンドロイチンやグルコサミンなどは、関節痛や炎症などを緩和する効果があったという報告もされており、その有効性に期待されています。

コンドロイチン

コンドロイチンは、軟骨の保水作用や弾力性、柔軟性を保つ作用を持ち、変形性関節症に有効性が示されています。
変形性関節症は、状態が進行することで関節軟骨を破壊してしまい、生活に支障をきたす恐れがあるとされているのですが、コンドロイチンは変形性関節症の痛みを和らげる効果や、症状の進行を抑制する働きが見られたとの報告があるようです。

老化による変形性関節症が心配される今、コンドロイチンが豊富に配合されたサプリメントを見つけました!
もし、コンドロイチンを試したことがないという人や関節痛などに悩んでいる方がいらしたら、一度その効果を確かめて見られたらいかがでしょう?

変形性関節症の症状緩和に〜減り続ける軟骨をサポート!

関節痛に効くコンドロイチン配合のグルコンEX錠 - 日本薬師堂
http://www.894-703.com/

SATORU 骨や関節、筋肉や神経痛といった症状が起こる整形外科疾患は、軟骨の減少によって悪化するものも。「名前だけは聞いたことあるけど・・・」という方も、体の健康を保つためにコンドロイチンで関節をサポートしてみませんか?

コンドロイチンは関節症や炎症などにおいて有効性が示されていますが、副作用として吐き気などの稀なケースが出現する恐れがあり、期待されるような効果が見られなかったとの報告もあるようです。

グルコサミン

グルコサミンはアミノ糖であり、甲殻類やキノコ類、昆虫などに含まれる天然成分のキチンを構成している成分です。 整形外科疾患である変形性関節症などの症状抑制に効果があるされています。
関節の可動をスムーズにすることなどもできるとされているグルコサミンですが、血糖値や血中コレステロール値が上昇するなどの危険性もあるので、糖尿病や高血圧症などを持っている人は要注意と言われています。

また、変形性関節症などの整形外科疾患に対する有効性は、効果があるというケースとないというケースに分かれているため、更なる検証が必要とも言われています。